Mobile Navi

税務コラム

税務コラム

税務コラム一覧

 

12345...28Next »

  • 2017/10/07 税理士のつぶやき
    衆院解散の大義と消費税の増税分の使い道
     
    衆議院が9月28日に、内閣総理大臣の専権事項だとして解散されました。解散権が真に総理大臣にあるかについては、議論のあるところです。というのも、わが国の憲法は第7条において、いわゆる「天皇の国事行為」を...
  • 2017/09/18 税理士のつぶやき
    相続こぼれ話(ご存知ですか死因贈与契約?) その2
     
    ようやく窓口担当の人が戻って来ても、近時はどこの金融機関も相続関係(死因贈与を含む)の受付業務を当該金融機関の本部の「相続センター」一元化しているようです。そこで、大概、その手続きをするために窓口...
  • 2017/09/07 税理士のつぶやき
    相続こぼれ話(ご存知ですか死因贈与契約?) その1
     
    以前(昨春)にも、このコラムで「相続こぼれ話」と題して税理士業務の一端を紹介させて頂きましたが、1年の時を経て、再度、それに関連した話題を取り上げてみたいと思います。税理士は、一般に、税に関わる仕事...
  • 2017/08/20 税理士のつぶやき
    消費税率の引き上げは高等教育無償化のための必要条件
     
    約2カ月前のここでのコラムに、高等教育無償化が政府内で検討されているとして、その趣旨には賛同はするものの、先ずそのための財源としての消費税の再々延期はされるべきではない旨を記述しました。以前にも述べ...
  • 2017/08/07 税理士のつぶやき
    経済財政運営の基本方針と消費税の増税議論
     
    首相は8月3日に内閣改造を行い、第3次安倍改造内閣を発足させました。政権への支持率急落のきっかけになった加計学園の問題や首相の庇護を受けているとされる稲田前防衛相の南スーダン国連平和維持活動に派遣され...
  • 2017/07/24 税理士のつぶやき
    国のリーダーらの言動と求められる資質
     
    冒頭にお断りしておきますが、筆者自身はレフトウィングではなく、ライトウィングでもなく、もちろん反体制派でもない、極めて中立的な立場の一介の市民税理士を自任しています。しかしながら、このところの国の...
  • 2017/07/03 税理士のつぶやき
    都議選の結果と都民(国民)の意思表示
     
    東京都議選は7月2日に投開票されました。結果については、ある程度予想されてはいたものの、これまでの第1党だった自民党が、あれ程までの惨敗をするとは意外だったと感じたのは、決して筆者だけではなかったので...
  • 2017/06/22 税理士のつぶやき
    高等教育無償化は、先ず、そのための財源から考えるべし!!
     
    安倍首相は大学などの高等教育の授業料無償化を憲法に書き入れる考えを示し、これを受け、自民党では恒久財源を確保する検討を始めたと最近の新聞には報じられている。しかし、高等教育無償化は憲法に書き入れな...
  • 2017/06/04 税理士のつぶやき
    わが国の租税争訟制度と租税刑法について その2
     
    ドイツでは、異議申立に対する決定は、70%程度が納税者に有利な決定となっていますが、そもそもの税額決定が課税庁からの税額査定に基づいているのにも拘らず、税務調査における是認率が100%近いものになってい...
  • 2017/05/19 税理士のつぶやき
    わが国の租税争訟制度と租税刑法について
     
    今回と次回は取りあげるテーマとの関係で、やや堅めの内容のお話とそれに伴ってやや硬めの表現になるのをご容赦ください。租税争訟とは、租税行政庁(一般的には税務署)が行った各種の処分に対する再調査の請求...

12345...28Next »

 

金山会計事務所 ページの先頭へ