Mobile Navi

税務コラム

税務コラム

税務コラム一覧

 

« Prev12345...32Next »

  • 2019/01/05 税理士のつぶやき
    税法違反被告事件判決への疑問 その2
     
    新年明けましておめでとうございます、本年もどうぞよろしくお願いします。比較的災害等の少なかったここ札幌に、昨年は地震、爆発などと世間を騒がす事象が相次ぎましたが、本年は穏やかな一年になることを祈っ...
  • 2018/12/19 税理士のつぶやき
    税法違反被告事件判決への疑問 その1
     
    前回のコラムの末尾に「判決公判」として次回につづく旨を記しましたが、今回から題名を新たに「税法違反被告事件判決への疑問」として述べていきたいと思います。さて、裁判所は、消費税について被告会社の関係...
  • 2018/12/04 税理士のつぶやき
    税法違反被告事件の裁判を傍聴して No.19 (判決公判)その1
     
    これまでこのコラムで取り上げてきた標題の税法違反被告事件の判決言い渡しが行われ、判決は、被告会社を罰金2,500万円、被告人Aを懲役2年に、被告人Bを懲役1年6月に処し、裁判が確定した日から3年間それぞれそ...
  • 2018/11/20 税理士のつぶやき
    税法違反被告事件の裁判を傍聴して No.18 (弁論再開)
     
    前々回のコラムでは、本件事件の弁論について触れ、当該弁論が終結したことを述べました。ところが、その終結から約一月を経て、検察官からの「追加立証を行なうため」とする弁論再開請求を受けて裁判所は、一旦...
  • 2018/11/06 税理士のつぶやき
    法人税法第129条第1項の実務における適用(仮装経理と減額更正)
     
    今回は、税法違反被告事件の裁判の話題から一旦離れ、過般、相談を受けた法人の仮装経理(粉飾決算)と減額更正の取扱いについて述べてみたいと思います。事案の概要は、事業経営が順調ではない時期に、銀行融資...
  • 2018/10/22 税理士のつぶやき
    税法違反被告事件の裁判を傍聴して No.17 (弁論手続)
     
    本件刑事裁判の流れを、「冒頭手続」、「証拠調手続」、「弁論手続」及び「判決手続」の4段階に分けるとすると、現在は終盤の弁論手続が終了し、判決手続を待つ段階にあるところから、今回は、弁論手続としての検...
  • 2018/10/15 税理士のつぶやき
    税法違反被告事件の裁判を傍聴して No.16(租税裁判所及び租税弁護士の必要性③)
     
    年齢を重ねた所為か、毎月5日前後と20日前後の2回、このコラムに拙稿を載せさせて頂いていましたが、今月は本日になってしまいました。実は、1年毎の心臓の健診を受けているのですが、その定期健診の折に腹痛を催...
  • 2018/09/20 税理士のつぶやき
    税法違反被告事件の裁判を傍聴して No.15
     
    本件事件に租税法学者及び顧問税理士として関わり、弁護団会議にもその日程の殆どに参加し、公判期日には法廷での傍聴を通じて、感じたことは、本刑事訴訟において先ず適用されるべきは、一般刑法ではなく、行政...
  • 2018/09/09 税理士のつぶやき
    税法違反被告事件の裁判を傍聴して No.14
     
    本コラムNo.12で、学者及び実務家の視角からは、租税事案を専門的に審理・判断する機関として租税裁判所が、そして、そこには租税法はもとより税制・税務・会計実務に精通した検察官及び租税弁護士(仮称)の存在...
  • 2018/08/21 税理士のつぶやき
    税法違反被告事件の裁判を傍聴して No.13
     
    この点に関しては、ドイツは議員立法による税制改正が年間を通じて頻繁に行われ、それに対する法整備が追いつかず、時として、連邦憲法裁判所による違憲判決が出される事態にもなっています。また、税法規定が幅...

« Prev12345...32Next »

 

金山会計事務所 ページの先頭へ